実話 歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男

この物語は、両親が重度の身体しょうがい者、しかも両親が中卒という貧困家庭に生まれ、家計を助けるために小学3年生の時に始めた新聞配達のアルバイトをしながら、その苦難に満ちた生活の中で創意工夫して編み出した独自の学習法を駆使して独学で英語を学んで中学1年の時に英検1級に合格したり、TOEIC990点を取ったり、また、高校時代は朝刊配達、夕刊配達の仕事しながら極度に勉強時間が少ない逆境の中で受験勉強していたにも関わらず京都大学、早稲田大学、慶応大学に合格して京都大学に進学したり、さらに某東証一部上場企業に入社後僅か7年目の30歳の時に創業会長に請われて部長級に相当する会長補佐職に就いて創業会長とともに会社改革を行なうというまるでドラマの中のようなことをしたりと、本物語の文中に記したような不思議な良い出会いや奇跡のような出来事を引き起こすために「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」などと呼ばれた一人の『実在する男』、三井潤(仮名)の波乱に富んだ人生を描いた『実話』ブログである。
なぜこの男には不思議な良い出会いや奇跡のような出合いがよく起こるのか。その答えは、読者の皆さんがこの物語を読み進めるにつれて気づくであろう。少しだけヒント的なことを記すとすれば、主人公三井は世界平和の実現を目的とした外国人観光客の無料通訳ガイド活動をしたり、女性の地位向上を目指した無料英語レッスン活動をするなど利他的な行動をしているということ、また、本物語は実話に基づく勧善懲悪の内容となっているということである。

ご縁あってこのサイトを訪れたあなたがこの物語を読むことで「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」と呼ばれた本物語の主人公三井潤の目には見えない不思議なパワーがあなたにも伝わり、あなたにも恋人、結婚へと繋がる運命の出会いや良い会社、良い仕事との運命的な出会いが起きるかもしれない。なお、主人公三井は留学をせず、語学学校にも一切行くことなく独学で英検1級、TOEIC990点、さらに社会人になった後に中国語検定1級まで取得している語学学習のスペシャリストでもあるが、英語や中国語など語学学習に役立つ内容もこの物語の各所に少しずつ記されているので、英語、中国語が上達しないと悩んでいる人が英語や中国語学習に役立つ知識を習得できる内容ともなっている。また、本物語の随所に実話に基づく恋愛講座的な内容も盛り込まれているので、男女問わず恋愛に悩む方々の一助ともなると考えている。
求人・転職・派遣・アルバイト情報サイト
DODA 
求人転職情報
お仕事情報ネット
製造業、工場求人転職情報
エンジニア転職 
エンジニア求人転職情報
ジョブデポ看護師
最大で40万円の転職祝い金が貰える看護師求人情報
ナースパワー人材センター
看護師求人転職情報
ナースではたらこ
看護師求人転職情報
ナースジョブ
看護師求人転職情報
ナース人材バンク 
看護師求人転職情報
ジョブデポ薬剤師
薬剤師求人転職情報
エムスリーキャリア
薬剤師求人転職情報
マイナビ介護職 
介護職求人転職情報
ケアジョブ
介護職求人転職情報
介護求人ナビ
介護職求人転職情報
きらケア
介護職求人転職情報
ジョブメドレー
歯科衛生士求人転職情報
マイナビ保育 
保育士求人転職情報
保育Fine!
保育士求人転職情報
パルド 
アパレル求人転職情報
マイナビDOCTOR 
医師求人転職情報
アパレル派遣なび
アパレル業界専門 転職・紹介・派遣
iDA
ファッション・コスメ業界
求人転職派遣情報
マスメディアン
広告宣伝・Web求人転職情報
マッハバイト
アルバイト求人情報
マッチング、出会い情報サイト
ハッピーメール
マッチング、出会い情報
ワクワクメール 
マッチング、出会い情報
PCMAX 
マッチング、出会い情報
ラブサーチ 
マッチング、出会い情報
ミントC!Jメール 
マッチング、出会い情報
ワイワイシー
マッチング、出会い情報
マリッシュ
マッチング、出会い情報
いいねから始まる恋婚
マッチング、出会い情報
イククル 
マッチング、出会い情報
婚活情報サイト
スマリッジ
婚活情報
クラブマリッジ
婚活情報
ブライダルネット 
婚活情報
パートナーエージェント
婚活情報
エキサイト婚活 
婚活情報
THE PARTNER
婚活情報
ホワイトパートナーズ
看護師専門婚活情報
街コン、婚活イベント情報
ゼクシィ縁結びイベント
婚活イベント情報
街コンALICE
街コンイベント情報

[せっかくの出会いを無駄にしないためにするべきこと・・札幌駅近くのオシャレなバーでの美人アパレル店員2人組との出会いの話]

 

数年前に三井が出張で札幌を訪れ、一日目の仕事終わりにバーで一人飲みしていた時に知り合った20代後半の銀行員のきょうへいが『三井さんともう一軒飲みに行きたいです』と言うので、きょうへいと一緒に札幌のすすきのにある別のバーにはしごして行ったことがあった。

きょうへいは帯広出身なのだが、札幌のマンションに妹と一緒に住んでおり、一軒目のバーで『普段料理を作ってもらったり妹には世話になっていて、妹の誕生日に何かプレゼントを買ってあげたいが何を買っていいのか分からない』という話をしていた。なお、きょうへいは北海道大学を出ていて頭も良く、スポーツもできるほうなのだが、口数が少ないほうで女性との会話が得意ではないとのことであった。

 

さて、午後11時過ぎくらいに入った二軒目のバーできょうへいが好みのタイプの女性二人組がいるというので、三井がきょうへいに『声を掛けてみたら』と促し、店内にいたその札幌美人に話しかけたのだが、きょうへいと札幌美人の会話が続かず、困ったきょうへいが三井に救いを求めてきた。そして、三井の機転を利かせたアシストのおかげできょうへいは札幌美人二人と親しい間柄になっていった。

なお、三井の左側にきょうへい、その左側に札幌美人二人が座っていたのだが、店内にいたその二人の女性は近寄り難いほどのハイレベルな美人であった。

 

きょうへい「三井さん、だめです・・。せっかく勇気を振り絞って女の子に話し掛けたのに、話がなかなか続きません・・」

 

三井「きょうへい君の好みのタイプの女の子なんやろ?しようがないなぁ。あ、俺は京都から来たんですけど、お二人は札幌の方ですか?」

 

札幌美人A「あ、はい、私は札幌に住んでいます」

 

札幌美人B「私も札幌です」

 

三井「お二人は札幌に住んでいるんですか。じゃあ今から札幌の出会いの場所と言えば○○ゲームをしませんか?札幌の出会いの場所と言えば○○の部分に言葉を入れて、言えなかった人が負けです。僕らのどちらかが言えなかったら、お二人に何かお酒をご馳走しますよ」

 

札幌美人A「もし私たちのどちらかが札幌の出会いの場所と言えば○○の部分を言えなかったらどうなるんですか?」

 

三井「この後僕らとラウンドワンに行って下さい。もちろん僕らが奢ります。勝ったらお酒を奢ってもらえて、負けてもタダでラウンドワンで遊べるんだからいいんじゃないですか?あ、俺三井潤と言うんだけど、潤ちゃんって呼んで。きょうへい君のことはきょうへいちゃんでいいから。それとタメ口で話してもいいよ。二人の名前は?」

 

札幌美人A「私はえな!」

 

札幌美人B「私はなな!」

 

三井「じゃあ、えなちゃん、ななちゃん、たかひろ君、俺の順番に言おう。俺が『札幌の出会いの場所と言えば?』と言った後に、札幌の観光名所とか何か言葉を言ってね」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば○○ゲーム開始―!札幌の出会いの場所と言えば?」

 

札幌美人えな「クラブ キングムー!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

なな「クラブ リビエラ!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

きょうへい「すすきの!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?札幌国際スキー場!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

札幌美人えな「クラブ エーライフ札幌!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

札幌美人なな「札幌スタジアム!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

きょうへい「大通公園!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

札幌美人えな「札幌駅!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

札幌美人なな「サッポロテイネスキー場!」

 

三井「札幌の出会いの場所と言えば?」

 

きょうへい「あ、あああ」

 

三井「きょうへい君、アウトー!はい、じゃあきょうへい君、美女二人にお酒奢って。はるみちゃん、もえかちゃん、何が飲みたい?」

 

札幌美人えな「わたし、マルガリータ!」

 

札幌美人なな「わたしはマタドール!」

 

きょうへい「マスター、美女のお二人にマルガリータとマタドールをお願いします」

 

バーのマスター「かしこまりました」

 

三井「ところでさっき話し下手のきょうへい君から、二人は社会人って聞いたけど、えなちゃんとななちゃんはどんな業種の会社で働いているの?あ、やっぱり言わんといて。二人の仕事当ててみるから。うーん・・看護師?」

 

札幌美人えな「ブッブー。はずれー」

 

三井「はい、次はきょうへい君の番」

 

きょうへい「うーん、エステティシャン!」

 

札幌美人えな「ブッブー。はずれー」

 

三井「次は俺の番やな。アパレル店員?」

 

札幌美人えな「潤ちゃん当たりー!」

 

三井「イエーイ!」(三井と美人二人がハイタッチ)

 

バーのマスター「お待たせしました。マルガリータとマタドールになります」

 

三井「じゃあ、札幌での良き出会いにかんぱーい!」

 

きょうへい、なな、えな「かんぱーい!」

 

札幌美人なな「潤ちゃんときょうへいちゃんはお仕事何をしてるの?」

 

三井「俺の職業は会社社長なんだけど、きょうへい君の勤め先の会社の業界は今から言う三つの中のどれでしょう?1 自動車販売 2 不動産 3 銀行。もし二回目までに当たったら、もう一杯ご馳走してあげる。でも、二回連続で外れたら、俺ときょうへい君とハグしてな 笑」

 

札幌美人えな「もし外れたらハグいいわよ 笑。どれだろ?2の不動産?」

 

三井「ブー!」

 

札幌美人なな「じゃあ1の自動車販売?」

 

三井「ブー!正解は3の銀行でしたー。約束だよー、じゃあ二人とも俺たちとハグしてー!」

 

(ここで三井、きょうへいはそれぞれ、近寄り難いほどの美人のえな、ななと代わる代わるハグをした)

 

三井「おい、きょうへい君、こんな超絶美人とハグが出来た感想を言え」

 

きょうへい「もう夢みたいです。興奮して鼻血が出そう」

 

札幌美人えな「きゃはは!きょうへいちゃん、そんなに興奮してたのー?」

 

札幌美人なな「ねぇ、潤ちゃんはどんな会社の社長なの?」

 

三井「俺はまだ会社を興したばかりで小さな会社なんだけど、自然エネルギー発電システムの開発設計会社の社長してるよ」

 

札幌美人えな「へー!潤ちゃん社長さんなんだー!潤ちゃん可愛らしい顔してるから社長に見えなーい 笑」

 

三井「よく言われる 笑」

 

札幌美人えな「ねぇ潤ちゃん、さっきの問題はずれて悔しいからもう一問出してよー」

 

三井「では第2問ね。きょうへい君は今ある悩み事を持っています。今から言う3つのどれでしょう。1 いぼ痔なので手術しようかどうしようか悩んでいる 2 実はカツラなんだけど会社の人にカミングアウトするかしないか悩んでいる 3 妹の誕生日プレゼントに何をプレゼントしたらいいか分からず悩んでいる」

 

札幌美人なな「1のいぼ痔 笑!」

 

三井「ブー!」

 

札幌美人えな「3の妹さんへの誕生日プレゼント!」

 

三井「正解!」

 

札幌美人えな「やったー!もう一杯奢ってもらえるー!」

 

三井「今飲んでいるお酒を飲み終わったらまた奢るね」

 

札幌美人なな「潤ちゃんが言っていた選択肢が面白かった。特に1のいぼ痔 笑!」

 

三井「あー、いぼ痔は俺のことやねん」

 

札幌美人なな「えっ?まじで?」

 

三井「ウソに決まってるやん 笑」

 

札幌美人えな「きょうへいちゃん、妹さん思いなんやね」

 

きょうへい「俺、帯広出身なんだけど、妹と一緒に札幌市内のマンションに住んでて、いつも料理作ってもらったり世話になってるから」

 

三井「えなちゃん、ななちゃんはアパレルの仕事してるから、ファッションとか詳しいやろ?どんなものプレゼントしたらいいか、きょうへい君が誕生日プレゼント買いに行くときに、えなちゃんとななちゃんもついていってアドバイスしてあげてくれへん?アドバイスのお礼にきょうへい君に何かご馳走させるから」

 

三井「ほら、きょうへい君、自分のことなんやから自分で頼み!」

 

きょうへい「今度二人の仕事終わりの時間に百貨店に買い物に行くから、一緒についてきて妹の誕生日プレゼント選んでくれない?お礼に何か美味しいものご馳走するから」

 

札幌美人なな「わたしは全然いいよー」

 

札幌美人えな「わたしもいいよ。ななと日にちは相談するねー。あっ、一緒にプレゼントの買い物に行く日にちをきょうへいちゃんと相談しないといけないからLINE交換しておこうよ」

 

札幌美人なな「潤ちゃんが今度札幌に来た時にまた会いたいから、潤ちゃんもLINE交換してね」

 

(以下略)

 

さて、この一連の会話の中で、札幌美人二人とのせっかくの出会いを無駄にしないようにするために三井が意図したことは何か、男性読者の皆さんはお分かりだろうか。

 

この札幌のバーでの札幌美人二人との出会いの時、札幌美人二人とのせっかくの出会いを無駄にしないようにするために三井が意図したこと・・それは、『きょうへい君が妹の誕生日プレゼントを買いに行く日に札幌美人二人がきょうへい君と一緒に出掛けてアドバイスしてくれるように仕向けたこと』である。

 

では、もう一つ遡り、札幌美人二人とのせっかくの出会いを無駄にしないようにするために、なぜ三井は『きょうへい君が妹の誕生日プレゼントを買いに行く日に札幌美人二人がきょうへい君と一緒に出掛けてアドバイスしてくれるように仕向けた』のか。

 

それは、女性に奥手のきょうへい君が札幌美人二人を食事に誘いやすくするためであり、また、きょうへい君が食事の誘いを断られないようにするためである。

きょうへい君が札幌美人二人に『今度飯でも行きましょう』という誘い方もあるが、そんなストレートな誘い方だと断られる可能性が高い。

しかし、『妹の誕生日プレゼントを選ぶのを手伝ってくれたお礼』という『口実』があれば、ストレートに食事に誘う場合よりも誘いやすいし、また、札幌美人二人からしてみたら『妹の誕生日プレゼントを選ぶのを手伝ってほしいと頼まれて、わたしたちが頼りにされている』という心理が働き、断られにくいのである。

 

『女性に何か頼みごとをする』ことは女性との親密度を上げることにつながるので、デートに誘いたい女性に対して何か頼みごとをしてみてはどうだろうか。

 

読者諸兄がバーで一人飲みしたり、クラブや相席居酒屋などの出会いの場に行ったりした時に店内で好みの女の子を見つけ、その女の子に『何か頼みごとをすること』ができれば、その女性とのせっかくの出会いを無駄にしないで済む可能性は高くなるように思う。

 

もちろん、女性に『何か頼みごとをすること』は女性をデートに誘う一つの手段に過ぎず、女性との出会いを無駄にしないための必要条件であって、十分条件ではない。勉学、スポーツに励み、そして、普段から善い行いをして人格を高め、自分を磨いていなければ、女性との出会いを引き寄せることはできないし、たとえ女性との出会いを引き寄せたとしても、その後女性との縁が続かないのは言うまでもない。

 

後日きょうへいから三井に『妹への誕生日プレゼントを買いに行くときにななちゃん、えなちゃんの二人についてきてもらって、そのお礼に二人を食事に誘ったら来てもらえました。あんな凄い美人二人と食事に行けたのは三井さんのおかげです。ありがとうございました』という趣旨のお礼の電話があった。

 

また、この札幌美人二人はどちらも相当キレイな女性だったのだが、特にえなは美人の多い札幌でもトップクラスではないかと思えるほどの凄い美人だった。そして、長くなるので今回詳細は記さなかったが、三井はえなにとても気に入られて、えなから三井の携帯に頻繁に電話がかかってきたり、後日三井が再度札幌に出張に行った際にえなから食事に誘われたり、さらにはえなと一緒にスノボに出掛けたりしている。三井と札幌美人えなとのその後の話については、また別で記すことがあるかもしれない。


次ページ

歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男 トップページ

厳選 中学1年生の時に英検1級に合格し、TOEIC990点満点を取った主人公三井が奨める、英語力、英会話力向上に実効果がある英語教材、英会話教材
七田式英会話教材
楽天の3部門で1位を
取った英会話教材
TOEIC完全攻略600点コース
アルクの全額返金保証付き
TOEIC向け英語学習教材
トーキングマラソン
アルクの英会話学習教材
旺文社 英検ネットドリル
旺文社の英検向け学習教材
英語学習に役立つ諸サービス
ゲオオンラインストア
洋画DVD、ブルーレイを
多数販売
ゲオ宅配レンタル
洋画DVD、ブルーレイを
多数取り揃えている
TSUTAYA TV
洋画を多数ネット配信している
dTV
洋画を多数ネット配信している