実話 歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男

この物語は、両親が重度の身体しょうがい者、しかも両親が中卒という貧困家庭に生まれ、家計を助けるために小学3年生の時に始めた新聞配達のアルバイトをしながら、その苦難に満ちた生活の中で創意工夫して編み出した独自の学習法を駆使して独学で英語を学んで中学1年の時に英検1級に合格したり、TOEIC990点を取ったり、また、高校時代は朝刊配達、夕刊配達の仕事しながら極度に勉強時間が少ない逆境の中で受験勉強していたにも関わらず京都大学、早稲田大学、慶応大学に合格して京都大学に進学したり、さらに某東証一部上場企業に入社後僅か7年目の30歳の時に創業会長に請われて部長級に相当する会長補佐職に就いて創業会長とともに会社改革を行なうというまるでドラマの中のようなことをしたりと、本物語の文中に記したような不思議な良い出会いや奇跡のような出来事を引き起こすために「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」などと呼ばれた一人の『実在する男』、三井潤(仮名)の波乱に富んだ人生を描いた『実話』ブログである。
なぜこの男には不思議な良い出会いや奇跡のような出合いがよく起こるのか。その答えは、読者の皆さんがこの物語を読み進めるにつれて気づくであろう。少しだけヒント的なことを記すとすれば、主人公三井は世界平和の実現を目的とした外国人観光客の無料通訳ガイド活動をしたり、女性の地位向上を目指した無料英語レッスン活動をするなど利他的な行動をしているということ、また、本物語は実話に基づく勧善懲悪の内容となっているということである。

ご縁あってこのサイトを訪れたあなたがこの物語を読むことで「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」と呼ばれた本物語の主人公三井潤の目には見えない不思議なパワーがあなたにも伝わり、あなたにも恋人、結婚へと繋がる運命の出会いや良い会社、良い仕事との運命的な出会いが起きるかもしれない。なお、主人公三井は留学をせず、語学学校にも一切行くことなく独学で英検1級、TOEIC990点、さらに社会人になった後に中国語検定1級まで取得している語学学習のスペシャリストでもあるが、英語や中国語など語学学習に役立つ内容もこの物語の各所に少しずつ記されているので、英語、中国語が上達しないと悩んでいる人が英語や中国語学習に役立つ知識を習得できる内容ともなっている。また、本物語の随所に実話に基づく恋愛講座的な内容も盛り込まれているので、男女問わず恋愛に悩む方々の一助ともなると考えている。
求人・転職・派遣・アルバイト情報サイト
DODA 
求人転職情報
お仕事情報ネット
製造業、工場求人転職情報
エンジニア転職 
エンジニア求人転職情報
ジョブデポ看護師
最大で40万円の転職祝い金が貰える看護師求人情報
ナースパワー人材センター
看護師求人転職情報
ナースではたらこ
看護師求人転職情報
ナースジョブ
看護師求人転職情報
ナース人材バンク 
看護師求人転職情報
ジョブデポ薬剤師
薬剤師求人転職情報
エムスリーキャリア
薬剤師求人転職情報
マイナビ介護職 
介護職求人転職情報
ケアジョブ
介護職求人転職情報
介護求人ナビ
介護職求人転職情報
きらケア
介護職求人転職情報
ジョブメドレー
歯科衛生士求人転職情報
マイナビ保育 
保育士求人転職情報
保育Fine!
保育士求人転職情報
パルド 
アパレル求人転職情報
マイナビDOCTOR 
医師求人転職情報
アパレル派遣なび
アパレル業界専門 転職・紹介・派遣
iDA
ファッション・コスメ業界
求人転職派遣情報
マスメディアン
広告宣伝・Web求人転職情報
マッハバイト
アルバイト求人情報
マッチング、出会い情報サイト
ハッピーメール
マッチング、出会い情報
ワクワクメール 
マッチング、出会い情報
PCMAX 
マッチング、出会い情報
ラブサーチ 
マッチング、出会い情報
ミントC!Jメール 
マッチング、出会い情報
ワイワイシー
マッチング、出会い情報
マリッシュ
マッチング、出会い情報
いいねから始まる恋婚
マッチング、出会い情報
イククル 
マッチング、出会い情報
婚活情報サイト
スマリッジ
婚活情報
クラブマリッジ
婚活情報
ブライダルネット 
婚活情報
パートナーエージェント
婚活情報
エキサイト婚活 
婚活情報
THE PARTNER
婚活情報
ホワイトパートナーズ
看護師専門婚活情報
街コン、婚活イベント情報
ゼクシィ縁結びイベント
婚活イベント情報
街コンALICE
街コンイベント情報

[せっかくの出会いを無駄にしないためにするべきこと・・一人飲みしていた京都四条河原町駅近くのオシャレなバーでの美人女子大生との出会いの話]

 

三井がそれまで住んでいた大阪から京都に引っ越して来たばかりの頃の春のある日、京都市中心部の四条河原町から徒歩15分くらいのところにある格安のコインパーキングに車をとめてバスに乗り換え、市バス一日乗車券を買って八坂神社、上賀茂神社、下賀茂神社などをはしごしながら外国人の無料観光案内の活動をしていた。河原町から歩いて行ける距離のコインパーキングでも、徒歩15分くらいかかるようなところだと、一日1000円弱くらいで車をとめられる。

さて、三井が最後に観光案内したアメリカ人の家族と夕飯を一緒に食べ、アメリカ人の家族が翌日の観光に備えて宿に帰った後に、京都の繁華街木屋町のとあるバーで一人飲みしていた時のことである。

 

この日は土曜日だったので、そのバーは満席に近く、カウンター席は三井の右隣の一席しか空いていなかったのだが、三井が一人飲み始めて30分くらい経った頃、一人の大学生くらいの大変綺麗な女の子が三井の横の空いていた席に座った。

 

京都美人「あのー、ここ空いてますか?」

 

三井「あー、空いてますよ。どうぞ」

 

京都美人「ありがとうございます」

 

その大学生くらいに見える女の子を見ると、美人の女友達が多い三井ですらハッとするような、透き通るような白い肌、フランス人形のような端整な顔立ち、艶やかでサラサラのロングヘアのかなりの美人だった。また、その女の子はミニスカートを履いていたのだが、スラリと伸びる脚は細く長く、思わず見とれてしまうほどの美しい脚であった。

 

京都美人「お兄さんはここのバーにはよく来るんですか?」

 

三井「いや、このバーは初めてだよ。良いバーを開拓するために、今日は行ったことがないバーに来てみた」

 

女の子「あ、そうなんですね。わたしはこのバーは以前二度来たことがあるんですけど、今日は久しぶりに来ました。わたし、ともかっていいます。お兄さんは?」

 

三井「俺は三井潤。潤は松潤の潤。顔は全然似てないけど 笑」

 

知香「きゃはは。私の名前は知性の知に香って書きます。あ、マスター、カシスオレンジお願いします」

 

バーのマスター「かしこまりました」

 

三井「知香ちゃんは大学生なのかな?それともモデルさん?」

 

京都美人知香「きゃはは。モデルじゃないですよー。大学生です。」

 

三井「めちゃくちゃスタイルいいからモデルかと思った」

 

京都美人知香「きゃはは!でも、モデル?ってよく言われます」

 

バーのマスター「お待たせしました。カシスオレンジです」

 

京都美人知香「乾杯しましょ!今日の出会いに乾杯!」

 

三井「乾杯!」

 

三井「知香ちゃんはどこの大学なの?」

 

京都美人知香「京都産業大学です」

 

三井「知香ちゃんは京産大(京都産業大学)の学生なのか。京産大には知り合いが何人かいるよ」

 

京都美人知香「あ、そうなんですか。三井さんのお知り合いは何学部の教授ですか」

 

三井「いや、教授ではなくて、学生の知り合い。京産大の学生には1回生から4回生まで合わせて10人くらい知り合いがいるかな」

 

京都美人知香「えっ?三井さんって失礼ですけど、40歳くらいですよね」

 

三井「アラフォーだよ。じゃあここで問題。俺に京産大の学生の知り合いが何人もいるのは、俺にある特技があって、その特技を大学生に無料で教える活動をしているからです。それは今から言う1から3のどれでしょう。1、調理師免許を持っていて、大学生に料理を教えている。2、パソコン資格のMOSを持っていて、大学生にパソコン技能を教えている。3、英検1級を持っていて、大学生に英語を教えている。もし一発で当たったら、一杯奢るよ。二回連続で外れたら、俺とキスしてな」

 

京都美人知香「えー!キスは・・」

 

三井「キスはウソだよ。じゃあ、二回連続で外れたら俺とハグね」

 

京都美人知香「ハグならいいですよ。三井さんの特技ってなんだろ・・2のMOS?」

 

三井「ブー!外れー」

 

知香「じゃあ、1の調理師!」

 

三井「ブッブー。答えは3の英検1級でしたー」

 

京都美人知香「えー!英検1級ってめちゃくちゃ難しいですよ!ほんとですか?」

 

三井「そんなに疑うなら、これ見て」

 

三井はスマホに入っている英検1級の認定証の写真を知香に見せた。女性は話だけでは信じない場合もあるので、三井は英検1級の認定証の写真をスマホに入れている。

 

京都美人知香「わーっ!本当だ!すごーい!」

 

三井「あと、これが俺の教え子たちと一緒に撮った写真」

 

京都美人知香「えーっ!こんなにたくさん女の子の友達がいるんですか?しかもみんな可愛い子とかキレイな子ばっかりー!」

 

三井「みんな楽しそうにしてるでしょ?」

 

京都美人知香「はい、凄く楽しそうな雰囲気が伝わってきます。これはどこかのカフェで撮ったんですか?」

 

三井「うん、そう。毎回色んなカフェやレストランで英語を教えてる。俺の無料英語レッスンはとても人気があって、教え子が同級生の女の子を紹介したりして、すぐに定員一杯になるよ」

 

京都美人知香「こんな凄く楽しそうな英語レッスンを無料で受けられるんだから、人気あるでしょうね。英語ができると就活で有利だから、わたし、英会話学校に通っていたことがあるんですけど、全然英語力伸びなくて・・わたしも三井さんから英語を教わりたいな。でも定員一杯でしょうね・・」

 

三井「先月で俺の無料英語レッスンを卒業した女の子がいて、枠が一人分だけ空いたんだけど、俺の英語レッスンを受講するには独自の厳しい選定基準をクリアしないといけないんだよね」

 

京都美人知香「わたしはその選定基準をクリアしてますか?」

 

三井「うーん・・知り合ってばかりだから、まだ分からない」

 

京都美人知香「そうなんですね・・」

 

京都美人知香は少し落胆したような表情を浮かべた。

 

三井「というのはウソだよーん。知香ちゃんは俺の英語無料レッスン受講の選定基準をクリアしてるから、今度英語教えてあげるよ」

 

京都美人知香「えっ!ほんとですか!やったー!三井さんの無料英語レッスンを受けるための選定基準って何ですか?」

 

三井「それは秘密。これを明かすと、その選定基準に合わせようとする人が出てくるから」

 

京都美人知香「そうなんですね。でも私が基準をクリアしていてよかったー」

 

三井「ねぇ知香ちゃん、一つ忘れてることない?」

 

知香「えっ?なんですか?」

 

三井「さっき俺が出した問題を二回連続で外したら、俺とハグするっていう約束」

 

京都美人知香「あ、そうでしたね。ハグしましょ!」

 

混み合う店内で、モデルのような美人の知香のほうから三井に抱きついてきてハグをしたので、知香の向こう側に座っていた男性客二人が羨ましそうな顔をしていた。

 

三井「ねぇ知香ちゃん、ちょっと内緒話があるから耳貸して・・」

 

京都美人知香「えっ、なんですか?」

 

三井は声を潜めて、知香の耳元で囁いた。

 

三井「今、俺と知香ちゃんがハグしたらね、知香ちゃんの向こう側で一人飲みしているサラリーマン風の男性が、めちゃ羨ましそうな顔してた」

 

知香「きゃはは!そんなことかー」

 

三井「ねぇ、もう一回ハグしてもらってもいい?」

 

京都美人知香「何回でもいいですよー」

 

一度目のハグの時は軽めのハグだったが、今度は知香はまるで隣に座っている一人飲みの男性客に見せつけるかのように、身体を密着させ、また、顔を三井の顔にピッタリとくっつけてハグをしてくれた。そんな熱い抱擁のようなハグだったので知香の胸が三井の胸に完全に当たり、三井はドギマギしてしまったほどであった。

 

三井「あ、ありがとう」

 

ここで知香は三井の耳元で囁くように語りかけた。

 

京都美人知香「また隣の一人飲みしてる男性、羨ましそうにしてました?」

 

三井「え、あ、うん」

 

実はこの時、トップモデル級の美人の知香が熱い抱擁のようなハグをしてきたので三井はドギマギしてしまって、知香の向こう側で一人飲みしていた男性を見る余裕がなかった。

 

京都美人知香「ねぇ三井さん、教え子さんたちと英語レッスンの後にどこか出掛けたりすることもあるんですか?」

 

三井「そうだね。時間があれば英語レッスンが終わった後に色々なところに出掛けてるよ」

 

京都美人知香「教え子さんと英語レッスンが終わった後にどこかに出掛けた時の写真ってあります?」

 

三井「あ、いっぱいあるよ。見せてあげるね」

 

三井はスマホに入っている、教え子と撮った写真を知香に見せた。

 

京都美人知香「わーすごいっ!教え子さんとの写真がこんなにいっぱい!これってどこですか?凄く楽しそう!」

 

三井「これは夜の二年坂と産寧(三年)坂。この時は教え子の女の子と、その子の友達と三人で出掛けたんだけど、夜の二年坂や産寧坂は誰もいないから、女子大生の二人がキャッキャ言いながら走り回って写真撮ってた」

 

京都美人知香「この写真はさっきとは別の教え子さんみたいですけど、こっちもめちゃくちゃ楽しそう!これはどこですか?」

 

三井「これは、英語レッスンが23時くらいに終わった後に教え子の女の子が『どこかで花火したい』って言うからコンビニで花火を買って、この子が行ってみたいって以前から言っていた淡路島までサプライズで行って、淡路島の海岸で花火した時の写真。真夜中の淡路島の海岸なんて誰もいないから、その教え子の女の子ははしゃぎまくってた」

 

京都美人知香「羨ましいなー。わたし、こういう楽しいことってあまりないんですよ」

 

三井「知香ちゃんは凄い美人だから、男の子によくデートに誘われるんじゃないの?」

 

京都美人知香「うん、まぁ、デートするだけのボーイフレンドはたくさんいるんですけどね。でも、みんな映画を見に行くとか、カラオケに行くとか、ラウンドワンに行くとか、ありきたりのデートばかりで、男友達と遊びに出掛けて三井さんが見せてくれた写真みたいな『楽しーっ!』って思えるようなことって全くっていいほどないんですよ」

 

三井「そうなんやー。じゃあ、俺の英語レッスンが始まったら、英語レッスンの後に知香ちゃんと色々出掛けるようにするよ」

 

京都美人知香「わーっ!三井さんと出掛けるの凄く楽しみです!」

 

その後、知香はかつてボーイフレンドとデートした時に、いかにつまらなかったかということを延々と話していた。

 

三井「あっ、もう4時だよ。そろそろ夜が明けるね」

 

京都美人知香「このバーは閉店が5時だから、そろそろお開きですかね。私の愚痴ばかり聞いてもらってすみません」

 

三井「そんなの全然いいよ。知香ちゃんみたいな超美人で素敵な女の子の愚痴なら、エンドレスに聞いてあげるよ。まだバスも地下鉄も動いてないけど、どうやって帰るの?」

 

京都美人知香「わたし、タクシーで帰ります」

 

三井「知香ちゃんってどこに住んでるの?」

 

京都美人知香「わたし、下賀茂神社の近くに住んでます。一人暮らしではなくて、実家住まいですけどね」

 

三井「俺車で来てるんだけど、そんなに遠くないから車で送ってあげるよ」

 

京都美人知香「えっ?あ、三井さんずっとノンアルコールドリンク飲んでましたよね。でも、送ってもらうなんて悪いですよ」

 

三井「じゃあ、送ってほしくないの?」

 

京都美人知香「いえ、正直言えば送って下さると助かります 笑」

 

三井「駐車場まで歩いて15分くらいかかるけどいい?」

 

京都美人知香「わたし歩くの好きなんで平気ですよ」

 

次項に続く

 

 


次ページ

歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男 トップページ

厳選 中学1年生の時に英検1級に合格し、TOEIC990点満点を取った主人公三井が奨める、英語力、英会話力向上に実効果がある英語教材、英会話教材
七田式英会話教材
楽天の3部門で1位を
取った英会話教材
TOEIC完全攻略600点コース
アルクの全額返金保証付き
TOEIC向け英語学習教材
トーキングマラソン
アルクの英会話学習教材
旺文社 英検ネットドリル
旺文社の英検向け学習教材
英語学習に役立つ諸サービス
ゲオオンラインストア
洋画DVD、ブルーレイを
多数販売
ゲオ宅配レンタル
洋画DVD、ブルーレイを
多数取り揃えている
TSUTAYA TV
洋画を多数ネット配信している
dTV
洋画を多数ネット配信している