実話 歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男

この物語は、両親が重度の身体しょうがい者、しかも両親が中卒という貧困家庭に生まれ、家計を助けるために小学3年生の時に始めた新聞配達のアルバイトをしながら、その苦難に満ちた生活の中で創意工夫して編み出した独自の学習法を駆使して独学で英語を学んで中学1年の時に英検1級に合格したり、TOEIC990点を取ったり、また、高校時代は朝刊配達、夕刊配達の仕事しながら極度に勉強時間が少ない逆境の中で受験勉強していたにも関わらず京都大学、早稲田大学、慶応大学に合格して京都大学に進学したり、さらに某東証一部上場企業に入社後僅か7年目の30歳の時に創業会長に請われて部長級に相当する会長補佐職に就いて創業会長とともに会社改革を行なうというまるでドラマの中のようなことをしたりと、本物語の文中に記したような不思議な良い出会いや奇跡のような出来事を引き起こすために「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」などと呼ばれた一人の『実在する男』、三井潤(仮名)の波乱に富んだ人生を描いた『実話』ブログである。
なぜこの男には不思議な良い出会いや奇跡のような出合いがよく起こるのか。その答えは、読者の皆さんがこの物語を読み進めるにつれて気づくであろう。少しだけヒント的なことを記すとすれば、主人公三井は世界平和の実現を目的とした外国人観光客の無料通訳ガイド活動をしたり、女性の地位向上を目指した無料英語レッスン活動をするなど利他的な行動をしているということ、また、本物語は実話に基づく勧善懲悪の内容となっているということである。

ご縁あってこのサイトを訪れたあなたがこの物語を読むことで「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」と呼ばれた本物語の主人公三井潤の目には見えない不思議なパワーがあなたにも伝わり、あなたにも恋人、結婚へと繋がる運命の出会いや良い会社、良い仕事との運命的な出会いが起きるかもしれない。なお、主人公三井は留学をせず、語学学校にも一切行くことなく独学で英検1級、TOEIC990点、さらに社会人になった後に中国語検定1級まで取得している語学学習のスペシャリストでもあるが、英語や中国語など語学学習に役立つ内容もこの物語の各所に少しずつ記されているので、英語、中国語が上達しないと悩んでいる人が英語や中国語学習に役立つ知識を習得できる内容ともなっている。また、本物語の随所に実話に基づく恋愛講座的な内容も盛り込まれているので、男女問わず恋愛に悩む方々の一助ともなると考えている。
求人・転職・派遣・アルバイト情報サイト
DODA 
求人転職情報
お仕事情報ネット
製造業、工場求人転職情報
エンジニア転職 
エンジニア求人転職情報
ジョブデポ看護師
最大で40万円の転職祝い金が貰える看護師求人情報
ナースパワー人材センター
看護師求人転職情報
ナースではたらこ
看護師求人転職情報
ナースジョブ
看護師求人転職情報
ナース人材バンク 
看護師求人転職情報
ジョブデポ薬剤師
薬剤師求人転職情報
エムスリーキャリア
薬剤師求人転職情報
マイナビ介護職 
介護職求人転職情報
ケアジョブ
介護職求人転職情報
介護求人ナビ
介護職求人転職情報
きらケア
介護職求人転職情報
ジョブメドレー
歯科衛生士求人転職情報
マイナビ保育 
保育士求人転職情報
保育Fine!
保育士求人転職情報
パルド 
アパレル求人転職情報
マイナビDOCTOR 
医師求人転職情報
アパレル派遣なび
アパレル業界専門 転職・紹介・派遣
iDA
ファッション・コスメ業界
求人転職派遣情報
マスメディアン
広告宣伝・Web求人転職情報
マッハバイト
アルバイト求人情報
マッチング、出会い情報サイト
ハッピーメール
マッチング、出会い情報
ワクワクメール 
マッチング、出会い情報
PCMAX 
マッチング、出会い情報
ラブサーチ 
マッチング、出会い情報
ミントC!Jメール 
マッチング、出会い情報
ワイワイシー
マッチング、出会い情報
マリッシュ
マッチング、出会い情報
いいねから始まる恋婚
マッチング、出会い情報
イククル 
マッチング、出会い情報
婚活情報サイト
スマリッジ
婚活情報
クラブマリッジ
婚活情報
ブライダルネット 
婚活情報
パートナーエージェント
婚活情報
エキサイト婚活 
婚活情報
THE PARTNER
婚活情報
ホワイトパートナーズ
看護師専門婚活情報
街コン、婚活イベント情報
ゼクシィ縁結びイベント
婚活イベント情報
街コンALICE
街コンイベント情報

[せっかくの出会いを無駄にしないためにするべきこと・・一人飲みしていたオシャレなバーでの美人女子大生との出会いからの大津へのドライブ]

 

この後バーを出て三井が車をとめていた駐車場に向かい、河原町通りを北上して知香の自宅に向かった。そして、知香が道案内をして知香の家の前に着いたのだが、知香が車から降りようとしない。

 

三井「あれ?どうしたの?」

 

女子大生知香「ねぇ三井さん、今日ってお時間あります?」

 

三井「今日は特に用事はないけど」

 

3月で三井の無料英会話レッスンを卒業した人がいたので、この日はたまたまスケジュールが空いていた。

 

女子大生知香「今からどこかドライブに行きません?」

 

三井「えっ?今から?もう朝だよ」

 

女子大生知香「ダメですか?」

 

三井「うーん・・じゃあ3時間くらいなら」

 

女子大生知香「やったー!」

 

三井「どこか行きたいところある?」

 

女子大生知香「朝の琵琶湖が見てみたいです!隣の大津くらいまでならいいですか?」

 

三井「琵琶湖ならそんなに遠くないからいいよ」

 

下賀茂神社付近からだと東方向に山越えの道を進むと大津に出られるので、その道を使うことにした。

 

女子大生知香「無理いってすみません」

 

三井「たまにはこういうのもいいよ。徹夜明けでドライブなんて、大学生時代に戻ったみたいで楽しいよ。過労運転になったらいけないから、休憩はこまめに入れさせてな」

 

女子大生知香「はい、疲れたらどこかに車をとめて休んで下さいね」

 

京都市内から大津側に出て、しばらく走ったところで知香がおなかが空いたというので、コンビニでサンドイッチとコーヒーを買って車の中で食べた。

 

三井「まだ知り合って数時間のこんなキレイな美人女子大生と早朝からドライブなんて夢みたいや」

 

知香「でも、三井さんだからこんなお誘いをしたんですよ。そもそも他の男性なら、初対面で、しかも飲んだ帰りに車で送ってもらうなんてこと絶対に有り得ませんよ。普通の男なら、飲んだ帰りに車で送ってもらったら、いわゆる『お持ち帰り成功』って思ってしまいますから」

 

三井「俺のことは信用してくれてるってことだよね」

 

女子大生知香「そうですよー。三井さんは顔に人の良さが滲み出てますから」

 

三井「でも、本当はうさぎの皮を被った狼だったりするかもよ。『ガオー』って」

 

女子大生知香「きゃはは。三井さんかわいい。こんなかわいい狼なら襲われてもいいかも」

 

三井「えっ?」

 

女子大生知香「あ、なんでもないです」

 

知香が『こんなかわいい狼なら襲われてもいいかも』と言ったので三井は少しドキッとしてしまったが、そのことにはそれ以上触れずに大津方面に車を走らせた。

 

三井「もうすっかり夜が明けたね」

 

女子大生知香「あ、そこの駐車場に車をとめましょ。琵琶湖が一望できますから」

 

琵琶湖の湖岸を走る通称湖岸道路を北に向かって走っていたのだが、眺めが良さそうな駐車場があったので、そこにとめることにした。

 

三井「ふぅー。じゃあここで休憩しながら琵琶湖を眺めよう」

 

女子大生知香「はい!運転お疲れ様でした!」

 

知香は容姿がとてもキレイなだけでなく、言葉遣いが丁寧で、またこのように『運転お疲れ様でした!』と三井に言葉を掛けるなど、気遣いもできる女の子だった。

 

三井「知香ちゃん、申し訳ないけど、ちょっと眠いから10分だけ眠らせて。10分眠ればだいぶ違うと思うから。10分経ったら起こしてな」

 

女子大生知香「あ、休んでください。わたしは琵琶湖を眺めてますから大丈夫ですよ」

 

三井は目を閉じて、少し眠ることにした。そして、どのくらい眠ったのだろうか。目を覚ますと、眠る前よりもだいぶ明るくなっていた。

 

三井「あれ?俺、どのくらい寝てた?」

 

女子大生知香「1時間くらいです」

 

三井「えっ?そんなに?起こしてくれればよかったのに」

 

女子大生知香「実はあの後、わたしも疲れてたから、目を閉じているうちに30分くらい眠ってしまって・・起きたら三井さんがまだ気持ち良さそうに眠っているから、そのままにしておきました」

 

三井「そうなのかー。30分も起きて待っている間、退屈じゃなかった?」

 

女子大生知香「たまっていた友達からのメールに返信してたので、退屈はしてませんでしたよ」

 

三井「眠らせてくれてありがとうね。でも、1時間眠ったらだいぶ身体が楽になった」

 

女子大生知香「それはよかったです!」

 

三井「さっき軽くサンドイッチを食べたけど、お腹すいてない?」

 

女子大生知香「そういえばお腹空いてきましたね。どこかで何か食べましょうか」

 

三井「琵琶湖大橋を堅田側に渡ったところにモスバーガーがあるから、そこに行ってみようか」

 

女子大生知香「はい!わたしモスバーガーのハンバーガー大好きです!」

 

この時三井は琵琶湖大橋から南に2キロほどのところにある駐車場に車をとめていたのだが、車を駐車場から出して湖岸道路を再び北上して琵琶湖大橋方向に進めた。そして琵琶湖大橋方面に曲がる交差点の手前の進行方向右側に数軒のラブホテルが立ち並んでいるところがあるのだが、三井はある行動に出た。

 

進行方向右側にあるラブホテルのところまで来たところで、三井は右折ウインカーを出したのである。

 

女子大生知香「えっ?」

 

知香のほうを見ると驚いた表情をしているが、『えっ?』と言うだけでそれ以上何も言わなかった。

 

三井は対向車線の車が途切れると、ラブホテルの中に車を進めた。知香のほうを見ると、まだ驚いた表情をしているが、イヤとか、ダメと言う言葉は発しなかった。三井はラブホテルの敷地内をゆっくりと走り、そして、ラブホテルの出口から外に出てまた湖岸道路に戻った。

 

三井「ビックリした?」

 

女子大生知香「え、あ、はい。ビックリしましたよ」

 

三井「眠気覚ましに知香ちゃんをちょっとからかってみただけ 笑」

 

知香「結構ドキドキしたから、眠気は吹き飛んだかも 笑」

 

三井「大学生の男友達が助手席に乗っている時にも、このラブホ通り抜けをしたことあるよ」

 

女子大生知香「えっ?その男の子、めちゃビックリしたんじゃないですか?」

 

三井「かたまってた 笑」

 

女子大生知香「きゃはは!その男の子、三井さんに犯されると思ったんですかね!」

 

三井「その男の子、心臓が止まるかと思ったって言ってた 笑」

 

女子大生知香「でも、三井さんって凄い人なのに、そういうお茶目なところがあるから、男女問わず若い人のお友達が多いんでしょうね」

 

三井「さっきラブホを通り抜けた時、知香ちゃんは何を考えてたの?」

 

知香「それは・・内緒です」

 

三井「えー、知りたいー」

 

女子大生知香「いつか言える時が来たらいいますよ」

 

三井「『いつか言える時が来たら言います』ってどういう意味?」

 

女子大生知香「それも内緒です」

 

三井は知香の『いつか言える時が来たら言います』という言葉の意味が気になったが、それ以上は突っ込まなかった。

そしてそんな話をしているうちに堅田のモスバーガーに着いた。

 

三井「モスバーガーに到着―!」

 

女子大生知香「運転お疲れ様!お腹空いたー!早くモスのハンバーガー食べたい!」

 

知香が駆け足で店内に向かうと、三井も駆け足で走って知香を追い越し、そして知香のためにドアを開けてあげた。

 

女子大生知香「あ、ありがとうございます!」

 

日曜だったのでまだ朝の早い時間だったにも関わらずモスバーガーの店内には何組かの客がいて、男性客の何人かは美人の知香に見とれていた。

 

三井「ねぇ知香ちゃん、男性客が何人も知香ちゃんのこと見てたよ」

 

女子大生知香「わたし、見られることに慣れてるから」

 

三井「知香ちゃんめちゃ美人だから、やっぱり知香ちゃんのこと見てくる男の人多いんだ」

 

女子大生知香「そうですね。色んなところで男の人の視線を感じますけど、気にしてたら身が持たないから気にしないようにしてます」

 

カウンターでハンバーガーと飲み物を注文し、席についてハンバーガーを食べ始めたのだが、ここで知香が予想外のことを三井に言ってきた。

 

女子大生知香「ねぇ三井さん、今日は予定がないって言ってましたよね?」

 

三井「えっ?あ、うん」

 

女子大生知香「さっきドライブに出掛けるときに、3時間くらいならって言ってましたけど、今日一日三井さんと一緒にいてもいいですか?どこかもっと遠くに行ってみたいです」

 

三井「えっ?どこか遠くに行きたい?でも、さっき1時間寝ただけだし・・」

 

女子大生知香「どこかで眠ってからでもいいですよ」

 

この時知香が言った『どこかで眠ってからでもいいですよ』という言葉の『どこか』というのは、ラブホでもいいのだろうか。そんなことが三井の頭をよぎったが、それは口に出さずに別のことを口にした。

 

三井「じゃあ、この近くにスーパーのライフがあって、屋内駐車場があるから、そこに車をとめて車の中で3時間くらい寝よう。それからならどこか出掛けてもいいよ」

 

女子大生知香「あ、スーパーの駐車場で寝るんですね・・」

 

三井「スーパーの駐車場じゃだめ?」

 

女子大生知香「あ、いえ、いいですよ」

 

三井「俺、スノボに出掛けた時に車の中で仮眠することがあるからトランクに毛布が入っているんだけど、毛布を被って寝るね」

 

女子大生知香「あ、はい、わかりました」

 

知香の表情を見ると、気のせいか少し落胆しているように見えた。ひょっとしたら、さきほど知香が発した『どこかで眠ってからでもいいですよ』という言葉の『どこか』は、ラブホを遠まわしに意味していたのかもしれなかったが、三井は敢えてそのことは口に出さなかった。

 

三井「ここからどこか遠くに行きたいって言ってたけど、どこに行ってみたい?」

 

女子大生知香「それは三井さんにお任せします」

 

三井「うーん・・どこに行こうかな・・あっ、そうだ!」

 

女子大生知香「どこに行くんですか?」

 

三井「行き先を決定する前に一つ聞いておきたいことがあるんだけど、知香ちゃんって男兄弟っている?」

 

女子大生知香「私は妹がいるだけで男兄弟はいないですけど」

 

三井「それと、知香ちゃんは何か食べ物の好き嫌いってある?魚が苦手とか」

 

女子大生知香「わたし全然食べ物の好き嫌いないんですよ。今の二つの質問と今日の行き先が関係あるんですか?」

 

三井「うん、結構関係あるかな。それがなぜなのかは、今はまだ内緒にしておくよ」

 

女子大生知香「えー、気になるー!」

 

三井「ちなみに今日は一箇所ではなくて、何箇所か行くよ」

 

女子大生知香「そんなこと言われたら余計に気になるー!」

 

三井「それは後のお楽しみー」

 

次項に続く

 


次ページ

歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男 トップページ

厳選 中学1年生の時に英検1級に合格し、TOEIC990点満点を取った主人公三井が奨める、英語力、英会話力向上に実効果がある英語教材、英会話教材
七田式英会話教材
楽天の3部門で1位を
取った英会話教材
TOEIC完全攻略600点コース
アルクの全額返金保証付き
TOEIC向け英語学習教材
トーキングマラソン
アルクの英会話学習教材
旺文社 英検ネットドリル
旺文社の英検向け学習教材
英語学習に役立つ諸サービス
ゲオオンラインストア
洋画DVD、ブルーレイを
多数販売
ゲオ宅配レンタル
洋画DVD、ブルーレイを
多数取り揃えている
TSUTAYA TV
洋画を多数ネット配信している
dTV
洋画を多数ネット配信している