実話 歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男

この物語は、両親が重度の身体しょうがい者、しかも両親が中卒という貧困家庭に生まれ、家計を助けるために小学3年生の時に始めた新聞配達のアルバイトをしながら、その苦難に満ちた生活の中で創意工夫して編み出した独自の学習法を駆使して独学で英語を学んで中学1年の時に英検1級に合格したり、TOEIC990点を取ったり、また、高校時代は朝刊配達、夕刊配達の仕事しながら極度に勉強時間が少ない逆境の中で受験勉強していたにも関わらず京都大学、早稲田大学、慶応大学に合格して京都大学に進学したり、さらに某東証一部上場企業に入社後僅か7年目の30歳の時に創業会長に請われて部長級に相当する会長補佐職に就いて創業会長とともに会社改革を行なうというまるでドラマの中のようなことをしたりと、本物語の文中に記したような不思議な良い出会いや奇跡のような出来事を引き起こすために「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」などと呼ばれた一人の『実在する男』、三井潤(仮名)の波乱に富んだ人生を描いた『実話』ブログである。
なぜこの男には不思議な良い出会いや奇跡のような出合いがよく起こるのか。その答えは、読者の皆さんがこの物語を読み進めるにつれて気づくであろう。少しだけヒント的なことを記すとすれば、主人公三井は世界平和の実現を目的とした外国人観光客の無料通訳ガイド活動をしたり、女性の地位向上を目指した無料英語レッスン活動をするなど利他的な行動をしているということ、また、本物語は実話に基づく勧善懲悪の内容となっているということである。

ご縁あってこのサイトを訪れたあなたがこの物語を読むことで「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」と呼ばれた本物語の主人公三井潤の目には見えない不思議なパワーがあなたにも伝わり、あなたにも恋人、結婚へと繋がる運命の出会いや良い会社、良い仕事との運命的な出会いが起きるかもしれない。なお、主人公三井は留学をせず、語学学校にも一切行くことなく独学で英検1級、TOEIC990点、さらに社会人になった後に中国語検定1級まで取得している語学学習のスペシャリストでもあるが、英語や中国語など語学学習に役立つ内容もこの物語の各所に少しずつ記されているので、英語、中国語が上達しないと悩んでいる人が英語や中国語学習に役立つ知識を習得できる内容ともなっている。また、本物語の随所に実話に基づく恋愛講座的な内容も盛り込まれているので、男女問わず恋愛に悩む方々の一助ともなると考えている。


【英語力が伸び悩んでいる英語学習者の方々へ・・中学1年生の時に英検1級に合格し、TOEIC990点満点を取った主人公三井からの英語教材評価サイトに関するアドバイス
英語力が伸び悩んでいる英語学習者の方は恐らく様々な英語教材評価サイトを閲覧したことがあると思う。ところで、英語教材、英会話教材評価サイトのほとんど全ては、お金が欲しいからと、『英語教材の購入者と会うことなんてないのだから』と言わんばかりに、学習効果の低い英語教材であっても、なんでもかんでも節操無く紹介するという、目先の利を追った、良心のかけらもないことをしているが、読者の皆さんはそのことをご存知だろうか。それらの怪しげな『悪徳英語教材評価サイト』では、英語教材、英会話教材の写真を載せ、また、『英語教材○○を△△ヶ月間(もしくは一年間、半年間など)使ってみました』とか『英会話教材□□を実際に使ってみたら効果があって英会話力が上がった』と言ったキャッチセールスで、さも英語教材評価サイトの運営者自らが、掲載している英語教材を実際に使用、検証して英語学習効果があったかのような内容を記しているが、それらの悪徳英語教材評価サイトのほとんど全ては自分の英語教材評価サイトでの英語教材の売上向上、売上増進を目的としており、記載内容も矛盾していたり、根拠に乏しかったり、信憑性に乏しい、怪しげなものがほとんどである。ちなみに英語教材、英会話教材の写真はメルカリやオークションサイトなどで簡単に入手できるから、英語教材、英会話教材の写真を掲載しているからといって、それらの悪徳英語教材評価サイトが掲載している英語教材、英会話教材を英語教材評価サイトの運営者が実際に使ったという保証など、どこにもない。
ここで読者の方に一つ考えて頂きたいことがあるのだが、それは、『英語学習者がより良い人生を歩めるように』と願い、「実際に学習効果のある英語教材のみを厳選して掲載している」筆者や本物語の主人公三井と、『目先のお金が欲しいばかりに、学習効果の低い英語教材であっても、なんでもかんでも節操無く掲載、紹介するという、良心のかけらもないことをして英語学習者の人生を悪い方向に進めてしまう可能性がある』悪徳英語教材評価サイトの運営者と、どちらが良い人生を歩めるかということである。その答えは言うまでもないであろう。
それらの目先の利を追った、良心のかけらもない『悪徳英語教材評価サイト』の運営者の中には様々なキーワードで本サイトに辿り着いた人もいるだろうが、その点についてよくよく考えてもらいたい。

当物語においては、自ら編み出した英語学習法を駆使して中学1年で英検1級に合格し、TOEIC990点を取得した主人公三井が学校の英語教育の問題点を具体的に論じたり、英語と日本語の構造の違いなどに着眼した独自の英語学習方法論を展開したり、英語学習者がつまずきやすい特徴、文構造を持った英語文について例文を使って具体的に詳しく解説したり、本物語の随所において英語学習に真に効果のある内容を記しており、ある意味、本物語の中で英語の無料レッスンをしているという側面も持っているが、主人公三井は本物語の各所で述べているように、女性の社会的地位の向上を目指して、英語教師、キャビンアテンダントと言った英語を使う職業に就くことを目指している女子学生や、現役の英語教師、キャビンアテンダント、メーカーの輸出部門、銀行の国際部門、商社勤務のOLと言った英語を使う仕事をしている若い社会人女性への無料英語レッスンの活動をしている。そして、当サイトでは累計千人以上に及ぶ主人公三井の無料英語レッスンの教え子たちに実際に使用して学習効果があると検証できた英会話、英語学習教材のみ「厳選して」掲載しており、主人公三井が英語学習効果が低いと判断した英会話、英語教材、もしくは未使用、未検証の英語教材、英会話教材は当サイトに掲載依頼があっても決して掲載しないことにしている。なぜなら、例えば「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という謳い文句の高額の英語教材があり、実はその教材をサイトに掲載したらお金が入ってくる仕組みになっているのであるが、英語を聞き流すだけでは英語を話せるようにはならないし、そういった、「英語学習をしても効果が無い、もしくは効果が低い英語教材」を当サイトで紹介すると、購入者が無駄な時間を過ごしてしまい、人生が悪い方向に変わってしまう可能性が高まってしまうからだ。そして、筆者も主人公三井も、英語学習をしても効果が無い、もしくは効果が低い英語教材を当サイトで紹介するような、良心に反することは決してできない人間であるし、そもそも筆者(仮名野村)は企業名は明かせないが、現役の某東証一部上場企業の部長でもあるので、お金に困っている訳ではないから、『悪徳英語教材評価サイト』の運営者のように英語学習をしても効果が無い、もしくは効果が低い英語教材をサイトで紹介してまで掲載料を稼ぐ必要もない。ちなみに筆者は主人公三井からの英語学習についての助言があったこともあり、三井が英検1級に合格した中学1年時から数えて7年後の大学2年生の時に英検1級を取得しているが、筆者も主人公三井と同様、留学や英会話学校への通学経験無しに英検1級に合格している。

さて、ここまで読んできて読者の皆さんの中には「英会話学校に行ったら英語を話せるようになるのだろうか?」という疑問を抱いていて、主人公三井が英会話学校についてどのような考えを持っているのか知りたいと思った方もいるかもしれない。その点、つまり、「英会話学校に行ったら英語を話せるようになるのか」ということについて、実は三井は「読者の方にあてて」以下のように述べているので紹介しよう。三井は下の名前が潤であるので、松潤が読者のあなたに語りかけていることを想像して読んでほしい。

【英語力が伸び悩んでいる英語学習者の方々へ・・≪重要≫中学1年生の時に独学で英検1級に合格した主人公三井からの英会話学校に関する『忠告』】

『英語を話せるようになるためには、一定以上の学習時間が必要だ。その努力もしないで、英会話学校に通ったら魔法のように英語を話せるようになるということが起こるはずがないし、科学的、理論的にもそんなことは有り得ない。外国人と日常会話や簡単なビジネストークが英語で出来るレベル、つまり、英検で言えば準1級に合格するレベルになるまでに、中学、高校の英語の授業「以外に」2000時間程度の英語学習時間が必要であるが、一回につき2時間、盆、正月も含めて週に2回英会話学校に通ったとして、2時間×週に2回×52週間=年間たったの204時間にしかならない。盆、正月も含めてこの数字であるから実際には英語学習時間はもっと少なくなる。

そして、英検で言えば準1級に合格するレベルになるまで必要な英語学習時間は2000時間であるから、2000時間÷年間の英会話学校での学習時間204時間=およそ10年。
つまり、英会話学校に10年間、盆も正月も休まずに一回2時間、週に2回のペースで通ってようやく英検で言えば準1級に合格するレベルになる「かもしれない」のだが、実際にはたとえ一回2時間、週に2回のペースで英会話学校に通ったとしても、英検準1級に合格するレベルになる人は『極めて少ない』はずだ。なぜなら、一回2時間、週に2回のペースで英会話学校に通うのは、英語学習時間が多いように見えて、実は少ないからだ。人間は忘れる動物でもあるから、そんなペースで英会話学校に行って英語を学習しても、覚えたフレーズをどんどん忘れていくから、10年後にどれくらいの英語フレーズが頭の中に残っているのかを考えると、甚だ効果に疑問がある。

また、読者の方の中には「英検準1級合格に2000時間も必要なのか」と逆に思った方がいたかもしれないが、、実は2000時間でも足りないくらいだということは少し計算すれば分かることだ。人は一日24時間の中で約8時間睡眠し、16時間起きていると大雑把に仮定する。そして、その起きている16時間の半分、つまり一日8時間、人と話したり、本を読んだり、テレビやラジオを視聴したりと、言葉を使っていると仮定する。先ほどの2000時間を一日の言語使用時間の8時間で割ると、250日。毎日8時間ずつ、たったの250日間、月に換算すると僅か約8ヶ月間英語に接して、英語がペラペラになるだろうかと考えれば、2000時間でも足りないくらいだと分かるはずだし、ネイティブスピーカーがそのへんにゴロゴロいるアメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏の国々に一年間、留学して、2000時間どころか、3000時間以上も「海外で」英語学習をしてきたのに、英検準1級に受からないからと三井に相談してきた英語無料レッスンの教え子は数え切れないほどいた(そのように留学経験があるのに英検準1級に合格せず三井に泣きついてきた女子学生はその後、全員が三井の英語指導により英検準1級に合格している)。

ではどうすれば英語学習に実効果があるのか。

それは、家の中や図書館などでの「机に向かう英語学習」に加えて、学校、会社への通学、通勤時間などの移動時間、掃除、洗濯、食事の用意等の作業時間などに行なう「英語を聞く勉強」も含めて、「毎日毎日、2時間以上ずつ、一日も休まずにコツコツと、3年間集中して」英語を勉強していくことである。通勤や通学時間といった移動時間や食事の用意などの作業時間も含めて毎日2時間ずつ英語学習することは物理的には十分可能であるし、さらに後述するように食事の際に洋画を見て英語学習することも可能であるが、このように毎日コツコツ2時間×365日=年間730時間英語を勉強すると、先ほど述べた2000時間÷730=およそ3年弱で英検準1級合格に必要な学習時間に達する。ちまちまと週に2回英会話学校に通うという「覚えた端から英語フレーズを忘れてしまう」非効率な英語学習方法ではなく、先述のように、、『集中して3年間毎日2時間ずつ英語を勉強すること』・・それが英会話ができるようになるための王道である。繰り返すが、英会話学校に「ちまちまと」週に2回通っただけで、英語が魔法のように話せるようになると思ったら大間違いである。

そして、英会話学校に通っただけで、英語が魔法のように話せるようには「ならない」という、先ほど述べたような数字上、理論上のの根拠もあるが、さらに言えば、英会話学校は日本中に数多くある一方で、累計千人以上に及ぶ、「英会話学校に通ったのに、留学もしたのに、英語が話せるようにならない」と俺に泣きついてきた英語無料レッスンの教え子を含めて、「英会話学校に通ったから英語がペラペラになりました」という人を少なくとも俺(三井)は誰一人として知らない。それに、英会話学校に通っただけで英語がペラペラになるのであれば、英語がペラペラになった英会話学校の生徒はどんどん英会話学校を辞めていくのであるから、英会話学校はどんどん潰れていくはずなのに、日本全国で英会話学校は大繁盛したままである。加えて、「英会話学校に通っても英語がペラペラになることはなかった」と感じている人のほとんどが気付いていないと思われる重要なことがあるのだが、それは、英会話学校に通って英会話のレベルを英検準1級レベルにするだけでも、400万円もかかるということだ。なぜ400万円か。さきほど述べた2000時間に1時間当たりの概算のレッスン料2000円を掛ければ分かる。2000時間×2000円=400万円。レッスン料を半分の1時間当たり1000円としても、英検準1級レベルになるだけで200万円もかかる。実際問題として若いOLや大学生がそれだけの多額の費用を一度に工面して集中して英会話学校に通学するのは不可能に近いし、若い人がレッスン料を払える範囲で、ちまちまと一回2時間、週に2回英会話学校に通ったところで先述のように英語を流暢に話せるようになるはずがないなのに、英会話学校はそのことをひた隠して生徒に英会話学校への通学を続けさせている。

俺の無料英語レッスンの教え子の一人に「英会話学校に3年も通ったのに英語が話せるようにならない」と俺に相談してきた当時大学3年生の女子大生がいたのだが、その女子大生のことで、非常に印象に残っていることがある。それは、「わたし(女子大生)は英会話学校に通うため、英会話学校のレッスン料を払うために、大学が終わった後に週に二回、カフェで夜遅くまでウェイトレスのアルバイトをしていました。下心丸出しのスケベな客からのセクハラまがいの行為や、イヤミばかり言う先輩店員のパワハラ的なイジメを我慢してカフェでアルバイトをして、そうやって苦労して稼いだお金を払って英会話学校に3年間も通ったのに、英会話ができるようにはなりませんでした。でも、三井さんから英語を1年間教わって、自分でも驚くほどに英語が話るようになりました。英会話学校に3年間も通ったのに、英会話ができるようにはならなかったのだから、英会話学校に通うためにアルバイトしていたあの時間と、英会話学校に払ったお金を英会話学校に返してほしいくらいです。一度しかない大学時代の貴重な時間とお金を英会話学校のために無駄に使ってしまいました」と涙ながらに話していたことだ。
それが、英会話学校にまつわる現実なのだ。俺(三井)が女子学生や若いOLに英語を無料で教える活動をしているのは、男女雇用機会均等法施工後も相変わらず男性に比して立場が弱い女性の社会的地位向上を目指すということもあるが、この女子学生のように、本来英語学習に使うことができた時間を潰して、しかもアルバイト先でセクハラやパワハラを受けてまでして苦労して稼いだお金で英会話学校に通うという、悲しいほどに矛盾した行動をして、辛い思いをしている女性を一人でも多く救うためでもある。一人で出来ることには限度があるが、限度があるからと言って、一人も救わないのはもっと悪いことだから、俺は微力ながらこのような女性救済のための活動をしている』・・・。

長くなったが、以上が中学1年で英検1級、TOEIC990点満点、さらには社会人になった後に独学で中国語を学んで中国語検定1級を取った語学学習の達人、三井潤の英会話学校、語学学校に対する考えである。英語力が伸び悩んでいて、英会話学校に通学した経験のある人を含め、英語力を向上させたいと思い悩んでいる読者の方におかれては、なぜ日本人に英語堪能な人が極端に少ないのか、なぜ英会話学校がこれだけ林立して繁盛しているのか、そして、少しずつ英会話学校に通っても英語が話せるようにはならないのに、先ほど数字的根拠を基に示したように英会話学校に少しずつ通わせ続けさせる「英会話学校の見えざる罠」が存在することについてよくよくお考え頂きたい。

【英語力が伸び悩んでいる英語学習者の方々へ・・中学1年生の時に独学で英検1級に合格した主人公三井からの英語学習法に関するアドバイス】

話は実効果のある英語学習法についての内容に戻るが、本物語の各所において洋画を活用した英語学習法について述べており、そして、三井も筆者も洋画を多用して英語学習をしていた。洋画のDVD(三井が英検1級に合格した頃はDVDではなくビデオだが)は、例えば後述する恋愛映画「プリティウーマン」で1100円前後だが、もう少し高く見積もって仮に1本1500円平均と仮定して、洋画DVDを10本買っても僅か1万5千円。上述の英会話学校に10年通ったら400万円。半分としても200万円。しかも、僅か1万5千円で手に入る洋画DVD10本分の英語フレーズの数は、10年間の英会話学校でのレッスンで学ぶ英語フレーズの数を遥かに上回っている。こう考えると、いかに洋画での英語学習が安くつくか分かると思うが、洋画での英語学習は安くつく上に、英会話学校と違って通学の必要がないから時間を効率的に使えるし、さらにはご飯を食べながらでも洋画は見ることができる。食事の時間を英語学習に使えば、一回の食事で30分としても一日3回の食事で一日に1時間半洋画を視聴できるが、1時間半×365日で547時間も英語学習ができるので、これだけで上述の英検準1級合格に必要な年間730時間の英語学習時間の7割以上に相当する。友人や家族と食事する場合もあるので、こう計算通りにはいかないと思うが、たとえ何割かでも食事の時間を洋画の視聴に当てることは、英語力の向上に役立つのは言うまでもない。そして、三井が留学も英会話学校通学も一切しないで、中学1年で英検1級に合格するという快挙を成し遂げた原動力は、このように時間を有効活用していたことにある。
なお、移動中や食事の用意などの作業中は映画を見ることはできないので、三井は新聞配達のアルバイト中や、身体の不自由な母親のために食事の用意の手伝いをする時には、洋画の音声部分をビデオからカセットテープに移して、そのカセットテープの音声を、友人のお兄さんから安く購入した中古のウォークマンで聞いていた(昔話になるが、当時はウォークマンは高価だった)。
現在は安価なハードディスクウォークマンがあるので、三井の時とは比べ物にならないくらいに安価に、楽に英語音声での英語学習ができるだろう。

ここで、読者の皆さんが洋画を活用して英語学習をする際に留意していただきたいことがいくつかあるので、三井のアドバイスを基にそれらの点について述べたいと思う。

一つ目は、洋画を活用して英語学習をする際に、アクション系の洋画は避けてもらいということだ。その理由はアクション系の洋画は効果音が流れる時間が多く、英語学習に効果があるセリフ部分が少なく、また、効果音が流れている間は英語学習にならないからである。例えば、筆者の失敗談を一つ記すと、トムクルーズ主演の「トップガン」というアメリカ空軍のエリートパイロットを題材とした映画があるのだが、この映画は戦闘機の飛行シーンが多く、戦闘機が奏でるジェットエンジンの音の部分は当然英会話には役立たない。こういう、会話ではないシーン、効果音が流れる時間が多い映画は避けてもらいたい。

二つ目は、洋画によって使われている英語レベルは様々であるということである。洋画を活用して英語学習をする場合のお奨めの洋画のジャンルは恋愛、家庭、ビジネスをテーマにした洋画など「会話シーンが多い洋画」であるが、例えば先述のプリティウーマンという恋愛映画は英検2級に合格して英検準1級合格を目指すような英語学習中級者以上の人に向いているし、ウォール街という証券ビジネスをテーマにした映画は会話速度が速い上に使用単語レベルも高いから、英検2級程度の英語力では歯が立たず、既に英検準1級に合格していて、英検1級合格を目指すような英語学習上級者に向いているといったように、洋画によってかなりレベル差が激しいので、まずはレンタルもしくはオンラインで洋画を視聴してから「ご自分の英語レベルに合った」洋画のDVDやブルーレイを購入し、その後英語の上達度合いに応じて英語学習に用いる洋画のレベルをステップアップすることが重要である。

三つ目は、先ほど洋画のDVDを10本購入しても僅か1万5千円と述べたが、英会話力を向上させるためには、多種類の洋画を見るのではなく、一つの洋画を「繰り返し」視聴してもらいたいということである。。今、この部分で「繰り返し」のところを強調したのは、繰り返し一つの洋画を視聴し、さらに洋画の中のセリフを暗誦してしまうほどに、「繰り返し口に出して」セリフを言わなければ、英会話力向上の効果は低い。そして、お気に入りの洋画「一点集中主義」で、一つの洋画のセリフの大半を覚えてから次の洋画の視聴に進むのが、英会話上達のコツである。英検準1級であれば、洋画4〜5本分それぞれの7割程度のセリフを覚えれば(暗誦すれば)十分合格圏に達することができるが、くれぐれもまだ中途半端にしかセリフを覚えていないのに、色々な洋画を20本、30本と見散らかすようなことはしないようにご留意いただきたい。ちなみに、英検準1級ではなく、英検1級に合格するためには、10本分の洋画のセリフを覚えてもまだ足りないほどであるが、英検準1級と英検1級ではそれほどの大きな差があるということである。英語上級者向けの、英検1級合格に必要な学習方法については、本物語のどこかでまた述べることにする。

このページを訪れた英語力が伸び悩んでいる英語学習者が、ここで述べたことや、本物語の各所で主人公三井が述べている英語学習にまつわる様々な知識も役立てつつ英語学習を進めて皆さんの英語力が伸びること、また、英語力が伸びたことで就職活動、転職活動が上手くいくこと、そして幸せな人生を歩むことを、筆者も三井も心から願っている。

歩くパワースポットと呼ばれた男 トップページ

厳選 中学1年生の時に英検1級に合格し、TOEIC990点満点を取った主人公三井が奨める、英語力、英会話力向上に実効果がある英語教材、英会話教材
七田式英会話教材
楽天の3部門で1位を
取った英会話教材
TOEIC完全攻略600点コース
アルクの全額返金保証付き
TOEIC向け英語学習教材
トーキングマラソン
アルクの英会話学習教材
旺文社 英検ネットドリル
旺文社の英検向け学習教材
ヒアリングマラソン 中級コース
アルクの英語学習教材
英語学習に役立つ諸サービス物販
楽天
洋画DVD、ブルーレイを
多数販売
ゲオ宅配レンタル
洋画DVD、ブルーレイを
多数取り揃えている
TSUTAYA TV
洋画を多数ネット配信している
dTV
洋画を多数ネット配信している
激安!家電通販のタンタンショップ
移動中や作業中の英語学習に役立つウォークマンやiPod、
洋画視聴用のDVD、ブルーレイ機器が安く購入できる

a1

d1


s1

au2

au3