実話 歩く出会いのパワースポットと呼ばれた男

この物語は、両親が重度の身体しょうがい者、しかも両親が中卒という貧困家庭に生まれ、家計を助けるために小学3年生の時に始めた新聞配達のアルバイトをしながら、その苦難に満ちた生活の中で創意工夫して編み出した独自の学習法を駆使して独学で英語を学んで中学1年の時に英検1級に合格したり、TOEIC990点を取ったり、また、高校時代は朝刊配達、夕刊配達の仕事しながら極度に勉強時間が少ない逆境の中で受験勉強していたにも関わらず京都大学、早稲田大学、慶応大学に合格して京都大学に進学したり、さらに某東証一部上場企業に入社後僅か7年目の30歳の時に創業会長に請われて部長級に相当する会長補佐職に就いて創業会長とともに会社改革を行なうというまるでドラマの中のようなことをしたりと、本物語の文中に記したような不思議な良い出会いや奇跡のような出来事を引き起こすために「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」などと呼ばれた一人の『実在する男』、三井潤(仮名)の波乱に富んだ人生を描いた『実話』ブログである。
なぜこの男には不思議な良い出会いや奇跡のような出合いがよく起こるのか。その答えは、読者の皆さんがこの物語を読み進めるにつれて気づくであろう。少しだけヒント的なことを記すとすれば、主人公三井は世界平和の実現を目的とした外国人観光客の無料通訳ガイド活動をしたり、女性の地位向上を目指した無料英語レッスン活動をするなど利他的な行動をしているということ、また、本物語は実話に基づく勧善懲悪の内容となっているということである。

ご縁あってこのサイトを訪れたあなたがこの物語を読むことで「歩く出会いのパワースポット」「奇跡を引き起こすパワースポット」と呼ばれた本物語の主人公三井潤の目には見えない不思議なパワーがあなたにも伝わり、あなたにも恋人、結婚へと繋がる運命の出会いや良い会社、良い仕事との運命的な出会いが起きるかもしれない。なお、主人公三井は留学をせず、語学学校にも一切行くことなく独学で英検1級、TOEIC990点、さらに社会人になった後に中国語検定1級まで取得している語学学習のスペシャリストでもあるが、英語や中国語など語学学習に役立つ内容もこの物語の各所に少しずつ記されているので、英語、中国語が上達しないと悩んでいる人が英語や中国語学習に役立つ知識を習得できる内容ともなっている。また、本物語の随所に実話に基づく恋愛講座的な内容も盛り込まれているので、男女問わず恋愛に悩む方々の一助ともなると考えている。
求人・転職・派遣・アルバイト情報サイト
DODA 
求人転職情報
お仕事情報ネット
製造業、工場求人転職情報
エンジニア転職 
エンジニア求人転職情報
ジョブデポ看護師
最大で40万円の転職祝い金が貰える看護師求人情報
ナースパワー人材センター
看護師求人転職情報
ナースではたらこ
看護師求人転職情報
ナースジョブ
看護師求人転職情報
ナース人材バンク 
看護師求人転職情報
ジョブデポ薬剤師
薬剤師求人転職情報
エムスリーキャリア
薬剤師求人転職情報
マイナビ介護職 
介護職求人転職情報
ケアジョブ
介護職求人転職情報
介護求人ナビ
介護職求人転職情報
きらケア
介護職求人転職情報
ジョブメドレー
歯科衛生士求人転職情報
マイナビ保育 
保育士求人転職情報
保育Fine!
保育士求人転職情報
パルド 
アパレル求人転職情報
マイナビDOCTOR 
医師求人転職情報
アパレル派遣なび
アパレル業界専門 転職・紹介・派遣
iDA
ファッション・コスメ業界
求人転職派遣情報
マスメディアン
広告宣伝・Web求人転職情報
マッハバイト
アルバイト求人情報
マッチング、出会い情報サイト
ハッピーメール
マッチング、出会い情報
ワクワクメール 
マッチング、出会い情報
PCMAX 
マッチング、出会い情報
ラブサーチ 
マッチング、出会い情報
ミントC!Jメール 
マッチング、出会い情報
ワイワイシー
マッチング、出会い情報
マリッシュ
マッチング、出会い情報
いいねから始まる恋婚
マッチング、出会い情報
イククル 
マッチング、出会い情報
婚活情報サイト
スマリッジ
婚活情報
クラブマリッジ
婚活情報
ブライダルネット 
婚活情報
パートナーエージェント
婚活情報
エキサイト婚活 
婚活情報
THE PARTNER
婚活情報
ホワイトパートナーズ
看護師専門婚活情報
街コン、婚活イベント情報
ゼクシィ縁結びイベント
婚活イベント情報
街コンALICE
街コンイベント情報


歩くパワースポット 三井潤

この物語は、いくらか脚色された部分はあるが、基本骨格部分は全て実話である。

そしてこの物語の主人公である三井潤の名前は仮名であるが、人としては実在の人物である。

ここで主人公三井潤のこと及び、この実話物語を記すことになった経緯について簡単に記しておこう。三井はこの物語の筆者である私(野村)の同級生であり、筆者の無二の親友である。
また、私と三井は幼稚園、小学校、中学校、さらには高校も大学も同じであり、幼稚園時代からともに遊んだ仲である。ただ、三井には親友の私にとっても謎の部分も多い人間であった。例えば、三井は本物語に記したように中学1年で英検1級に合格しているのだが、極貧家庭に育ち、海外留学どころか海外旅行も一度も行ったことがない三井がどのように英語の勉強をして中学1年で難関の英検1級に合格するという快挙を成し遂げたのか、三井は周囲の誰にも語ろうとしなかったので、三井が中学1年で英検1級を取るに至った勉強法については、私がこの物語を書くことを三井に依頼し、この物語を書くために三井から預かった、三井が小学2年生の時から今に至るまでずっとつけているノート数百冊に及ぶ日記を読むまで知らなかった。なお、三井が極貧家庭に育っていたのに、日記をつけるノートをなぜ入手できたのかというと、皆さんも同様であると思うが、学校で使うノートは、その学年が終わればノートの後半部分を使っていなくても、学年が変われば取り替えてしまう。そのことに小学2年で気付いた三井は毎年学年が変わる頃に同級生や同級生の兄弟に頼んで、大量の使い古しのノートを集め、それらの使い古しのノートの後半の未使用部分を切り取って寄せ集めてからホッチキスでとめた自作の日記帳に日記をつけていたのである。

また、先述のように三井は中学1年で英検1級に合格しているが、小学3年生の途中からあることがきっかけで独学で英語の勉強を始めて以降は日記を全て英語で記している。実は筆者も英検1級を所持しているので三井がつけていた英語で記された日記を読むことはできるが、三井が小学生時代からこれほど高度なレベルの英作文ができていたことを知って筆者は大変驚いた(三井とは異なり筆者は凡人なので英検1級に合格したのは社会人になった後であるが)。

さて、このような数奇とも言える、さらに言えば日本中探してもなかなかいないような波乱に満ちた人生を歩んできた三井であるが、三井の人生についての物語を記したサイトを立ち上げれば、特に若い人たちの役に立つのではないかと筆者は考え、三井に本物語を記すことについて相談したことが、本物語を記すことになった始まりであった。そして筆者が本物語を記したサイトを立ち上げることについて三井に相談した当初は三井は『上には上がいるし、俺の人生を世の中に晒すのは気分がいいものではない』と述べて嫌がっていたが、筆者が『三井は女性の社会的地位向上のために若い女性に英語の無料レッスンをしたり、世界平和を願って外国人観光客の無料通訳活動をしたりしているが、他に例を見ないような三井の人生について記した物語を若い人たちが読んだら、彼ら、彼女らの人生に良い影響を与えることができるのではないか』などなどと三井に述べて三井を説得した結果、ようやく三井は本物語の執筆に同意してくれ、先述の三井が小学2年生の時からつけている日記を筆者に貸してくれたり、筆者が三井の日記の中で述べられている事柄について分からない点について三井に聞いた際に、それらの事柄の詳細について教えてくれたりしたので、本物語を書くことができるようになった次第である。


三井潤

昭和40年代後半に富山県に生まれる(はっきりした生年を書くと三井本人が特定されてしまう恐れがあるので記さない)。

三井は両親が重度の身体しょうがい者という極貧家庭に生まれた。兄弟は三つ年下の弟が一人。

小学生時代は夕刊配達のみであったが、三井は中学、高校時代は早朝から朝刊配達もしていた。そしてそのように働きながら、極度に勉強時間が少ない中でも三井が独自に編み出した勉強法を駆使して勉強し、地元富山県の進学校ではダントツトップの成績を収め、また、全国模試では灘高校、開成高校、麻布高校といった全国区の有名校のトップ層の生徒と張り合うほどの優秀な成績をとっていた。
そしてそのように三井は高校時代、東大の理科3類(医学部)でも余裕で受かるような全国トップクラスの成績を取っていたが、高校卒業後は三井が考えていたある理由、目的のために理系学部ではなく、関西の某国立大学の文系学部に進学。大学卒業後は某東証一部上場企業に入社し、入社僅か7年目のまだ30歳だった時に勤務先の東証一部上場企業の創業者であり会長である松本(仮名)に請われ、会長補佐職(部長級)となり、また法人営業部長と海外事業部長も兼任していた。

三井の特技は色々あるが、英語(独学で中学1年で英検1級合格、TOEIC990点満点)、中国語(独学で中国語検定1級合格)、スノーボード(JSBA A級インストラクター資格所持)、スキー(SAJ正指導員資格、クラウンプライズ所持)、ワープロ検定1級。さらに、空手、少林寺拳法、合気道の三つの武道の有段者でもある。他にも色々あるが、それら三井が有する資格や特技についてはこの物語で少しずつ記していくつもりである。

プライベートでの活動としては、得意の語学力を活かした活動を二つ行っており、一つは、世界平和の実現を目的とした外国人観光客の無料通訳、無料観光案内、もう一つは女性の地位向上を目的とした女子学生や20代の女性社会人を対象とした無料英語レッスンの活動である。そして、三井には外国人観光客の無料観光案内活動を通じて知り合った海外の著名人や大臣、王族などの知人が多く、加えて若年層女性を対象とした無料英語レッスン活動をしているため、中学高校の英語教員、キャビンアテンダント、空港のグランドスタッフ、商社勤務OLやメーカーの海外事業部勤務OLなど英語を使う職業の20代女性や女子学生の友人が非常に多い。

また、現在三井潤はアラフィフであるが、上述の無料英語レッスン活動に加えてスノーボードのA級インストラクター、スキーの正指導員、空手、少林寺拳法、合気道の三つの武道の有段者という特技を活かして20代の若い社会人に無料でスキー、スノーボード、護身術を教える活動をしているので、そのこともあってアラフィフにも関わらず20代の若い友人が男女問わず非常に多い。

そして、三井は若かりし頃から「歩く出会いのパワースポット」と周囲の人から呼ばれることが多かった。なぜなら、三井のまわりで様々な不可思議と言えるほどの出会いや数多くの不思議な良い出来事が起こるからである。

では、なぜ三井の周囲でこのような不思議な出会いや出来事が起こるのか。

その答えは、この物語を読み進めるにつれて分かるであろう。

ここでもう一度述べておくが、この物語は実在の人物の、実話である

歩くパワースポットと呼ばれた男 トップページ